FC2ブログ

ANTHRAX/VOLUME 8: THE THREAT IS REAL (1998)


ANTHRAX/VOLUME 8: THE THREAT IS REAL

ANTHRAXの文字通り8th album。8枚目ともなると、活動年数的にもベテランの域に達しているのが普通であるのだが、それと同時にそれまでの間、作品を世に出してくることができたという実力を伴っていることの証にもなると言える。thrash metal "big four"の一角として、現在までばりばりに一線で活躍するANTHRAX。

さすがに、今作に関してもthrash metalというジャンルではないが、彼らの特徴であるMixtureの要素が表われている。かつて、Public Enemyと競演したことはあまりにも有名であるが、そのMixture Metal (or Rock)の祖とも言うべきANTHRAX。そんな彼らが自身が切り開いてきたMixtureが、世に広く浸透してきた世紀末の作品である。彼らに影響を受けている後続バンドは数知れないだろう。

作品は、ANTHRAXの雰囲気が感じられて、他のMixtureバンドとはもちろん明らかに異なる、長年の歴史が音に表われているようで、非常にかっこいい。ヘヴィなサウンドでありながら、陽の部分も覗かせる曲展開はANTHRAXらしい。また、シングル曲3.Inside Outと7.Born Again IdiotにはPanteraより今は亡きDimebag Darrellが参加。Phil Anselmoも8.Killing Boxでスクリームしている。確かに、個人的には特に3.Inside Outが、Panteraばりのリフの応酬でそれがたまらなくかっこいいのだ。

ここにルーツあり!!


スポンサーサイト



ROB ZOMBIE/THE SINISTER URGE (2001)

ROB ZOMBIE/THE SINISTER URGE

ROB ZOMBIEのsecond solo album。基本的には、前作Hellbilly Deluxe(1998)と変わらないが、個人的にも勢い、衝撃などの点から、前作の評価には劣る部分があるのかもしれないと思う。それにしても、このROB ZOMBIE、アルバムジャケットやPVを見ればわかるが、見た目からだけでもインパクト大で、何しろ名前の通り風貌がゾンビなのである。ゾンビマニアである。それまではWhite Zombieのシンガーとして活動していたが、ソロになって随分ヒットしたので、それからはROB ZOMBIEとなった。

その音楽性や多方面での活動から、Marilyn Mansonと比較されることも多いようであるが、ここ日本ではMMの方が断然知名度的にも上回っているように思うが、海の向こうではセールス的にもROB ZOMBIEに軍配が上がっているのか、どうなのか。いずれにせよ、影響力はとてつもない。

今作に関しても、ヘヴィーなサウンドとともにポップで思わず体が踊りだすようなダンサブルな曲たちが満載で、それがROB ZOMBIEの人気の一つなのであろう!そして、今作では豪華なゲストもお呼びされており、ヘヴィーサウンド全開で煽ってくる、5.Iron HeadではあのOzzy Osbourneがフィーチャーされており、3.Dead Girl SupersterではKerry King(Slayer)がギターを弾いているそうだ。

PVにも表われているこのハチャメチャさが、何か華やかなアメリカのイメージを想起させ、もうまさにパティーチューンとしてROB ZOMBIEはもってこいである。アメリカンドリームといった感じか。歴史的側面とは異なる、これが私たちが思っているまさにアメリカ!
また、実弟がPowerman 5000のフロントマンSpider Oneで、確かに声が似ているような気がする。

Party! Party!! Halloween!!

bad religion/the process of belief (2002)

bad religion/the process of belief

パンクの先駆者Bad Religionの作品。これまでの10年余りの期間、彼らは古巣Epitaph Recordsから離れていた。そして、ついにここにカミングバックである!エピタフといえば、そのトップの Brett GurewitzはBad Religionのオリジナルメンバーであるが、彼も久々に戻ってきた。まさに電撃復帰である。

エピタフといえば、現在パンク界で最大規模の超ビックレーベルで、現在過去、The Offspring, NOFX, Rancid, Penny Wise, New Found Gloryと日本でも有名な大物たちが名を連ねている。Bad Religionはその祖であり、その影響力は計り知れない上に、現在もさらに力強く、第一線で活躍し続けていることにはもう本当に尊敬に値する。

Bad Religionといえばリリックに特徴があり、そのメッセージ性が強くて難解な、Greg Graffinが吐き出す言葉の数々を理解できたらなんていいだろうなと何度思ったことだろうか。今作においてもそれは変わっていないのだが、(むしろ今作ではより捲し立てている。)一方、音の方は、次作The Empire Strikes First(2004)と比べてみても、今作の音は今までよりも分厚い。そして、速い。疾走感があり、それがとてもかっこいい。往年のBad Religionとは少し違うかもしれないが、自分は初めて聴いたときにはかなりの衝撃を受けたことを覚えている。パンクアルバムの中では上から3本の中に入る。間違いなく、マスターピース!

breaking benjamin/PHOBIA (2006)

breaking benjamin/PHOBIA

breaking benjaminの3rd。ここ日本では、他バンドと比べてみても知名度が低い印象があるが、アメリカではもはや頭一つ抜きんでた存在のようである。前作WE ARE NOT ALONE(2004)は100万枚ソールドアウト、そして今作もそれに追いつく勢いだそうだ。その一因として、メディアを通じてのかなりのプロモーション活動が行われているようであるが、それにしてもまずこの実力が伴っていなければ、これまでの成功はありえない。

まず1.The Diary of Janeが何よりも印象的である。名曲。何回リピートして聞いたことか。名曲とはこのことであろう。頭から離れない、そして、もう一度聴きたいという繰り返しである。しかし、だからと言って他は劣るということは更々申していない。あまりにもインパクトが強いのである。

アルバム全体的にも非常に完成度が高い印象であり、もはやこれがbreaking benjaminだと云わんばかりの空気を放っている。音はヘヴィーであるが、彼らの特徴である、日本語で言うところの"哀愁"漂うようなメロディーが全開に発揮され、聴いている者を感動の渦に巻き込む。それが前作よりも強調されている。個人的なイメージでは、STAINDやもう一つ遡ればCREEDなどを愛聴している人には是非聞いていただきたいと思います。


trust company/THE LONELY POSITION OF NEUTRAL (2002)


trust company/THE LONELY POSITION OF NEUTRAL

Trust Companyのデビュー盤。最初1.Downfallから全開です!ヘヴィーなリフの応酬でノックダウンされました。非常にかっこいい!そのヘヴィーなサウンドラインに、Kevin Palmer(Vocal)の甘い歌声とメンバーと共に時々発せられるスクリームがのり、非常にバランスが良く聴いていて心地が良いとも言える。その証拠に非常に受けも良く、今作は500000copiesオーヴァーでゴールドディスクに認定済み!

また、PVにも見られるように、当時の外見からはこんなヘヴィーな音を出すようにはとても見えない。むしろ、WEEZERといったところか。そのギャップがたまらないという人もいるかもしれない。(しかし、次作True Parallels(2005)になると腕にタトゥー、黒Tシャツとそれらしく変身済み。あっぱれ)そして、ヘヴィーと言っても彼らの曲のヘヴィーさの中には非常に印象的なメロディーが随所に見られ、センスの良さが際立っている。

ところで、一つ気になったのが、1.DownfallのPVでKevinが胸に"japan"と書いたTシャツを身にまとっている。親日家なのか?James Fukai(lead guitar)が日本人とのハーフっぽいのでその影響か。

EARTH CRISIS/SLITHER (2000)

EARTH CRISIS/SLITHER

ニューヨーク・ハードコア(NYHC)バンド、EARTH CRISISの4thアルバム。今作に関してはむしろ、metalcoreになるみたいだ。結構メロディックで聞きやすいからそうだなと納得である。
オリジナルは今作が最後になっており、その後活動休止or解散していたが、なんでも2007年より再結成しているようである。また、バンドとして、動物の権利であったり、ストレート・エッジに対する強い支持があるようで、一風変わったバンドみたいだ。
ハードコアのみならず、nu metalやAlternative metalファンにも是非おすすめの一枚!


EVANESCENCE/THE FALLEN (2003)

EVANESCENCE/THE FALLEN

ご存知、EVANESCENCEのデビューアルバム。ジャケットのほとんどが、全面Amy Lee(vocal)の真っ白な額と真っ黒な髪の毛で覆われており、まず一度見ればかなりの印象度があるものと思われる。しかも、このくっきりとした目がセンターにくるとなれば、(個人的な意見が入るが、)まずビジュアル的にもかなり魅力的なものである。

ここ日本でも、デビューシングルであり、映画"Daredevil"の主題歌となった2.Bring Me to Lifeがヘビーにオンエアされていたのは記憶に残る。流行のラップボーカル(別バンドよりゲストボーカル)がフィーチャーされており、メロディーもポップなもので、一般受けするのには納得といったところか。

EVANESCENCEの音楽は、見方によって様々なジャンルに括られると思うが、個人的には一聴してみるとそれはnu metal, mixtureともとれ、彼らのデビューの少し前である2000年にこれもまたデビュー盤が爆発的に売れたLINKIN PARKと関係づけてしまう。一方で、そのヘヴィーサウンドに女性ボーカルという特徴的な形ということで、イタリア産Lacuna CoilやこちらオランダWithin Temptationなども思い浮かぶ。(EVANESCENCEはこれらのバンドより後発。)しかし、EVANESCENCEがもはやgothic metalと呼べるかどうかは疑問であり、比較してみると彼らがポップサウンドであることはいうまでもない。

ポップなのは良いとしても、バンドがもはやAmy Leeのソロプロジェクトと化してしまっていることは何だか悲しい。もめて追放、脱退というケースもあったようであるから、それに関してバンドに対してはあまり良いイメージがないのである。Amy Leeは素晴らしい歌声とこのルックス(again!)を兼ね備えており、自身もファンの一人であるのだが、これからもいずれの形としてもEVANESCENCEとして活動していってほしいと思う。


TAPROOT/BLUE-SKY RESEARCH (2005)

TAPROOT/BLUE-SKYRESEARCH


TAPROOTのメジャー3rd。TAPROOTといえば、Fred Durst(Limp Bizkit)のオファーを蹴ったことで有名である。(いや、むしろそれに対して激怒したFredが印象的か。)そういう点において、同じようにかつて彼の手からデビューを果たした、あまりにも有名すぎるSTAINDとは対照的である。(セールス的にも。)だがしかし、このTAPROOT、Fredのオファーを蹴ったとはいえ、これまでにゴールドディスクを獲得するなどの成功を収めている。言うまでもなく、非常に力を持ったバンドなのである。
また、ヘヴィロック界の貴公子と呼ばれるように、フロントマンのStephen Richardsは、話題のWentworth Miller(ex."PRISON BREAK")にも負けず劣らずのプレティフェイスの持ち主でもあるlol

さて、BLUE-SKY RESEARCHであるが、全体を通して、ずいぶんと成長したものだというのが率直な感想である。前作、Welcome(2002)で見せたあの特徴的なメロディー、そしてプリティフェイスから吐き出される怒涛のシャウトは影を潜めた代わりに、(前作を聞いた時の衝撃も大きかった!)非常に幅の広さを感じるヘヴィなロックを聞かせてくれるのである。それが何の違和感もない。こういう方向性の転換を図ると、失敗してリスナーの期待を裏切ってしまうバンドもいるものだが、彼らはそんなことはない。地に足がついている。だから、安心して聞いてられる。

となれば、かつてのFredの彼らを見る目はやはり間違ってはなかったということにもなろう。そんな彼らは、他ミュージシャン達からもその実力を認められており、Stephen Richardsは、LINKIN PARK/REANIMATION(2001)の6.P5hng Me A*wyにフィーチャーされており、存在感大である。
これだけ力のあるTAPROOTであるが、セールス的には上に名前を挙げたバンドには大きく劣っている。(当時所属会社のプアサポート。)だが、次作から所属レコード会社も変わり、新たな出発を果たしているので、早く堂々と来日公演が実現する日が来てほしいと願ってやまない!
I love TAPROOT! they knock me down, kick my asslol they are fukkin cool, man. u gotta check them out now!!


プロフィール

seiyu

Author:seiyu
2009/04~ 東京で食品商社の営業をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
--PR--------------------


・FX

クリック証券


・無料クレジットカード

楽天カードで2000ptゲット


・英語・英会話
(まずは無料体験!)

Englishtown Private Teacher


・ホテル予約

【8800円のプレミアムステイ】
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング


にほんブログ村 ネットサービス
にほんブログ村 ネットブログへ