FC2ブログ

Slipknot/Slipknot (1999)

Slipknot/Slipknot

Slipknot。この単語を聞いて何を思い浮かべるか。
ここ日本でも、彼らの知名度は恐ろしいほどに高いと言っていいだろう。というのも、アルバムを出せばあたかも日本のポップバンドのごとく、オリコンチャートの上位にランクインするのである。昨今、洋楽から日本のチャートへランクインできるアーティストというのは、ほんのごく一部であり、そのほとんどが世界を代表するようなビッグネームばかりであり、その中にSlipknotは名を連ねているのである。まさに非常事態であるlol

しかし、その所以というのはもちろんある。まず、上のアルバムジャケットが示すように彼らはメンバー全員が覆面のつなぎ姿である。覆面といっても、プロレスラーの比ではない。見ての通りである。まず一度見たらその強烈な姿が目に焼きついて離れないことであろう。
そして、その容姿からどんな音が飛び出してくるのかはある程度想像はできるかと思うが、それはその想像を超えたものであることは言うまでもない。覆面+つなぎの9人のインサイドには、これほどまでの怒りが吐き出されずに彷徨っていたのか、それがところかまわずぶちまけられる。
ここまでくれば、聞いている方も気持ちがいいものである。究極の極みとでも言おうか。

それだけではない。そんな外見とは一変して、彼らの"奏でる"音楽というのは非常に完成度の高いものであり、特に今作に関してはポップな部分もメロディーに多く見られ、当時絶好調であったnu metalとしてもリスナーから幅広い支持を得たに違いない。また、これも今作に関して言えることであるが、全体を通して速い。

9人からなるlarge line-upであるが、メンバーそれぞれのサイドプロジェクトも盛んであり、ここまでヘヴィーなのはちょっとと言う場合には、フロントマンCorey Taylor、Jim Root-guitarsが参加しているStone Sourでハードなロックを聞くことが出来る。


スポンサーサイト



プロフィール

seiyu

Author:seiyu
2009/04~ 東京で食品商社の営業をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
--PR--------------------


・FX

クリック証券


・無料クレジットカード

楽天カードで2000ptゲット


・英語・英会話
(まずは無料体験!)

Englishtown Private Teacher


・ホテル予約

【8800円のプレミアムステイ】
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング


にほんブログ村 ネットサービス
にほんブログ村 ネットブログへ